内容のチェック

管理について

工数管理とは何か
工数とは、作業量や作業数を現す指標となるもので、作業を遂行するために必要とする作業者の人数と、作業にかかる時間の積を求める事で算出されるものです。
工数管理とは、工数を管理することで業務を改善していく事を指します。
工数を管理する事で得られるメリットの代表的なものとして挙げられるのは、コストの削減です。
一般的にその作業にかかると思われる工数を仮想し設定した標準工数と、実際にかかった実績工数とを比較する事で、作業効率の上昇をはかるものです。

勤怠管理とは何か
勤怠管理とは、出勤や退勤、欠勤や休憩時間などを記録し、勤務時間が守られているかを確認・把握し、管理する事です。
その方法として用いられるのは主にタイムカードを使用する方式や、自己申告制、近年ではコンピュータソフトウェアやスマートフォンのアプリケーションなども使われる事があるのです。
勤怠情報をしっかりと管理する事で、社員の労働状況を把握するだけでなく、連続した長時間の残業のように作業効率を低下させる要因がないかどうかも管理する事ができ、コストの削減にも繋がるのです。

コンプライアンスとは
コンプライアンスとは、従順・追従、承諾、遵守といった意味を持つ単語です。
ビジネスの場面においては、企業の方針や指針を遵守する事、また企業の活動上で社会の規範や法令、倫理に反することなく業務を遂行する事を指すものです。
コンプライアンスと言う単語の日本語直訳は簡潔に言えば「法令遵守」ですが、ただ法令を守ってさえいればいいというものではないのです。
コンプライアンスとは、企業活動を行うことで社会に貢献していくといった理念を原点とする思想です。
企業に対する信用やブランドイメージを高め、守っていくためにはコンプライアンスが非常に重要なものとなるのです。
工数管理について
 「工数管理」は、従業員などの労働力や労働人数に対して、工場などの機械の生産性などを把握するための数値などを出すものです。
 工数管理などで従業員等の労働力などを計り、稼動している機械の生産性を計算していくと生産数を把握でき、安全性の高い製品へとつながり消費者への信用性などもできるのでとても重要です。
 企業側なども利益などが向上し労働者の配慮などもできるので、とても工数管理は重要で社会的にも信用性ができるです。
 工数管理は企業などの経営を支えていくのにとても重要で、色々な企業が取り入れてより良い製品を消費者へ提供できているようです。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031