一人で仕事

システム

コンプライアンスとは
コンプライアンスとは日本語に訳すと法令遵守となる。
終戦より日本は急速な経済発展を達成した。
高度経済成長期には地方より、労働者を大量に雇入れ、その発展の一翼になり今日の日本がある。
しかしながらその影で労働者の過労死や労働災害による病気や死亡も問題となっていた。
その頃から労働者の安全を守るために労働基準法等が整備され、コンプライアンスが叫ばれるようになった。
こうして企業側はそれらのコンプライアンにのっとて生産活動をしなければならなくなってきている。
勤怠管理等はその労働時間を管理しコンプライアンスをするための活動の一つである。
医療コンプライアンス
一般的に企業でのコンプライアンスは、『マニュアルや企業規則、企業理念』などを守ることとして使用される言葉ですが、医療現場では少し違います。
医療で使われるコンプライアンスは、服薬遵守の意味で使われます。
服薬遵守とはもちろん企業と同じで守ることを意味しますが、ここでは『きっちりと指示した通りに薬を服用する』というということで使われます。
これは医師から患者へのコンプライアンスですが、残薬の原因になりかねない為コンプライアンスは重要視されています。

管理システムの機能
今問題になっているのは、医療現場での労働時間や労働報酬の経営者と労働者での相違です。
医療現場では工数管理のような管理システムが基本的にはありますが、実際には作用していません。
医療はこの現場にこれだけの人数でこの時間内に施術をするといった条件が当てはまりにくいのです。
企業と違い、イレギュラーな対応が多く、設定されていてもそれを守ることが非常に難しいわけです。
このような状態だからこそ、コンプライアンスや工数管理のようなシステムが最適化されなければなりません。
機能しない管理状態
そしてさきほどの問題、労働問題になりますが、医療現場での管理システムは規模が小さいほど杜撰なものと言えます。
タイムカードを使う勤怠管理はもちろん実施していますが、いわゆる施設内でのコンプライアンスが守られていないのです。
労働時間として定められていたとしてもその通りにならず、そして残業としての扱いもない医療現場は多く存在します。
生活する上での最低限な睡眠や食事をできない環境もあり、企業等の現状より一層深刻化しているのです。

時間に追われる

本質について

勤怠管理について
 「勤怠管理」は時代の変化に対応雇用変化を把握する方法の一つで、企業などで雇用している社員やパート、アルバイトなどの出勤や欠勤などや労働時間を把握するものであるようです。
 勤怠管理などを用いて労働などを管理すれば、労働者の健康面への把握でき製品などの品質を向上でき繋がるようです。
 残業などの過剰労働なども減り、従業員などは会社への貢献なども向上し会社側は利益などにも繋がり、より良い製品を消費者へ提供できるようになるようです。
コンプライアンス
 「コンプライアンス」は、企業などの不正や法令などを違反などをしないように、国などが法律を用いて会社側の基本的ルールなどを定めるときの基準となるものです。
 企業側の基本的ルールはとても重要で、社会的規範などにも繋がり会社側など生産した製品など不正などの抑止力にもなっているようです。
 企業側に雇用されている労働者などの、勤務態度や製品などの安全性などにも影響出ることもあり企業や労働者、消費者に対してもとても重要のようです。

工数管理とは何か
工数という言葉を耳にしたことがある方は意外と少ないかもしれない。
工数は製品やサービスの原価を計算する際に必要になってくる概念である。
一つのサービスや製品を製造する際、どれだけの人数でどのくらいの時間でそのサービスや製品ができるかを示した数値である。
工数管理はある一定期間において、生産された製品やサービスについて、標準的、理論的な工数と実際にかかった工数の乖離を省みて生産のパフォーマンスを見える化するものである。
勤怠管理の本質
勤怠管理とは組織において社員の出勤時刻や退勤時刻や休憩時刻等を管理することである。
会社の生産活動は機械やシステムの発達により、簡便化、省力化、自動化が進んできたが、やはり最後は人のパフォーマンスによる部分が大きく、組織として管理しパフォーマンスを向上させるために勤怠管理を実施しているところがほとんどである。
しかし、内勤者に比べ組織外への営業活動等を行う外勤者に対しては勤怠管理が難しく、GPSを携帯させ外勤者の現在位置を逐次監視している組織もある。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
November 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930