ビーズでアクセサリー

ビーズアクセサリーというと、色んな種類があります。
そもそもビーズ自体、歴史も深く、その種類は様々です。

ビーズの歴史は、4万年ほど前から始まり、元来、祈りの為に使われていました。
地元で手に入る素材を利用してビーズを作っていたので、その種類は地域によって様々です。
現在は、ビーズアクセサリーとして、ファッションアイテムや、こどものおもちゃとして広く親しまれていますが、
実は、伝統を受け継いだ歴史あるものなのです。

ビーズの種類
●クリスタルビーズ
 世界的に有名なスワロフスキーや、チェコビーズが大半を占めます。
●シードビーズ
 名前の通り、植物の種のように小ぶりで球型のビーズ。
 日本では、ビーズといえば、シードビーズが定番です。
●ウッドビーズ
 木から作ったビーズで、形や大きさも様々。優しい手作り感があります。
 クリスタルビーズに比べて、傷付きやすく割れやすい特徴があります。
●ボーンビーズ
 主に、牛や水牛などの動物の骨を加工して作ります。
 独特の風合いが出ます。
●ガラスビーズ
 色とりどりに彩色したものは、爽やかな透明感があり、
夏にぴったりなビーズアクセサリーができます。
 クリスタルビーズに比べると重量があるので、付けすぎると重いです。

雑貨屋さんで手に入る安価なものや、敷居高めの高価なビーズアクセサリーがあります。
ネックレス・ピアス・ブレスレット等のアクセサリーの他、
携帯ストラップ・キーホルダー等にも、ビーズを使った商品が人気です。






What's New

2013/02/07
最新情報3を更新。
2012/11/10
最新情報2を更新。
2012/04/10
最新情報を更新。
2011/9/02
最新情報を更新。
2011/9/02
真珠産業を更新。
2011/9/02
アジアのビーズと歴史を更新。
2011/9/02
ビーズアクセサリのネックレスナビを更新。
2011/9/02
ホームページリニューアル
最新情報 | ビーズアクセサリのネックレスナビ 2011年12月02日